高く売れる着物とは(作家・銘柄・材質など)

高く売れる着物とは

 

着物は、結婚式やパーティなどのフォーマルとしても利用することができます。

 

またお正月などの晴れ着としてなど、活躍の多い衣服として古くから日本人に親しまれてきたものです。

 

最近は着る人が少なくなりました

高く売れる着物とは

 

母親や祖母、親戚などから着物を譲ってもらった、あるいは若いころに奮発して着物を作ったという人も多くいます。

 

しかし、最近ではあまり着なくなり、持て余してしまっているという人も少なくありません。

 

着る機会のないまま、シミや虫食いなどで傷ませてしまうのであれば、買取専門店に売って現金に替えるのも一つの方法です。

 

素材などによっては高額査定も

高く売れる着物とは

 

不要な着物があるものの、形やデザインが古く、どうせ売れないとあきらめてしまう人もいます。

 

しかし、使用されている素材や柄、作家によっては古いものでも高額査定がつく可能性があります。
特に高級な友禅や紬、縮緬などは、物によっては非常に高い金額で取引されることも珍しくありません。

 

自分の持っている着物が価値のあるものかどうか判断がつかないというときには、まず専門店の無料査定を利用するのがおすすめです。